2019年03月21日

いよいよ新生活が始まります!

みなさま、こんにちは。もしくはこんばんは。ひょっとするとおはようございます。
4プラスタッフの三浦です。


三月も下旬に入り、期待と若干の不安を感じつつ
新生活の準備をしている人も多いかと思います。

進学や就職でガラッと環境が変わる人はなおさらかもしれません。

ですが、ちゃんとがんばっている人には世間は案外優しくしてくれます。
しっかりやることを整理して、1つひとつこなしていきましょう。


さて、高校生3年ならこの時期、
運転免許について考える人も多いでしょう。

就職する人なら3月までに取得するべくすでに自動車学校に
通っている人もいるでしょうし、
進学なら早めに取るべく情報収集しているかもしれません。

そこで今回は、運転免許の取得の時期や、自動車の購入について
話題にしてみたいと思います。

警察庁が毎年発表している「運転免許統計」をみてみると、
例年の大まかな傾向として、
 19歳までに免許取得する人は全体の15%くらい
 24歳までなら一気に75%くらいにアップする
 それ以上の年代になると免許取得率は90%くらい
ということがわかります。

若者の車離れと言われるようになって久しいですが、
今でも多くの人が運転免許を取得していることが分かります。

一方、内閣府の「消費行動調査(2017年)」によると、
29歳以下の車の保有率は48%となっています。
二人に一人は自分の車を持たないということになります。

(ちなみに上記のデータはインターネットで簡単に検索できます)

つまり、免許は取るけど、車を買ったりはしない人が多い
ということがわかります。

お金がなくて持ちたくても持てない、
めったに乗らないのでレンタカーで十分、
単に身分証明書として便利だから免許だけ取得した、
いろいろ事情があると思います。


今回は日本全体のデータを紹介してきました。
みなさんにとって免許や車の必要性は、
将来どのような生活を送りたいかで変わるでしょう。

たとえば宮城県の場合は車があると生活が劇的に豊かになります。
一方首都圏での就職を考えているなら、さほど重要ではないです。

免許のことや車のことを手掛かりにして、
将来どのような生活をしたいか考えてみるとおもしろいかもしれません。

それでは今回はこのへんで。
posted by 4プラブログ at 00:00| 日記