2018年09月06日

九月です!!

みなさま、こんにちは。もしくはこんばんは。ひょっとするとおはようございます。
4プラスタッフの三浦です。

北海道胆振東部地震では甚大な人的・物的被害が発生しています。
のびすく泉中央スタッフ一同は、道民の皆さまの無事と一日でも早い日常への回復を願っています。

今年は地震、豪雨、台風と災害が次々と押し寄せてきました。
もはや、だれもがいつでも大規模災害に遭遇する可能性があると実感できる時代になってしまいました。
今一度、防災について考え、備えておくようにしましょう。


さて、意外と忘れがちなのが、災害したあと当面のお金をどう調達するかです。
被災や停電等の理由で銀行やATMが使えなくなると、手元にお金がない状態になってしまうことが考えられます。
また、今回の地震では電子マネーだけで生活していた人が、現金がないためお店で買い物ができないことが問題になっています。
Apple Payなどを利用し、いわゆるキャッシュレスのライフスタイルで過ごす人が増えています。欧米や中国などと比較して日本のキャッシュレス普及率は低いですが、時代の流れは確実にキャッシュレスの方向を向いています。
停電でレジを動かせず、お店側が電子マネーでの支払いを受けられない事態は今後も十分想定できます。

ですので、あらかじめ非常用の現金を用意しておくと良いでしょう。
例えば、「千円札+硬貨の必要と思われる枚数をジップロックにいれて、防災グッズをまとめてある箱やスペースに一緒に保管しておく」という方法があります。
一万円札、五千円札は日常の防犯や、災害時の使い勝手の面から避けたほうが良いと思います。


長期予報によると、今後も日本列島に向かう台風は発生するとのことです。
様々な情報を自発的に収集し、いつか来る災害に出来る限りの備えをしておきましょう。


それでは今回はこのへんで。

posted by 4プラブログ at 00:00| 日記